のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

Global Azure Bootcamp 2016 JAPAN

f:id:nohako:20160417145313j:image
世界で何番目だったかに早い開催となりました。
「Global Azure Bootcamp 2016」

ひとまず、無事に終わったので皆様お疲れ様でした!
前日に扁桃腺腫らして寝込んでたので大した仕事はしていませんが、設営ちょろっと、入館証ちょろっと、あとはカメラマンしつつ薬飲みつつ合間にセッション聞きつつ。
全体的にきちんと聞けていないので、ゆっくりYouTubeを見ながら振り返りたいなーと思います。


Twitterハッシュタグは #globalazure #jazug
で検索してみてください。

特に #globalazure のハッシュタグは、各国の様子も見えるので追ってみると楽しいですよ!

ひとつ、気になるのが、東京の開催は「キャンセル待ち沢山出てたはずなのに当日人が来ない!」
って所ですね。きっと、参加者側の意識の問題もあるけれど、主催側も「○割来ればいいか」で なあなあにしちゃってる所があるのかなーと。

私は札幌支部をやはり比較として考えてしまいますが、当日ドタキャンって本当に少ないです。
何が原因なんだろうなぁ…うーむ。


Apple製品発表がありましたね

f:id:nohako:20160322084400j:image

日本時間2016/03/22の深夜帯ですが、Appleの製品発表がありましたね。
注目していたMacBookは?iPhoneは?

f:id:nohako:20160322084514j:image
リークされていたiPhoneSEのご説明。
16GBと64GBだすよ!スペックは6sと変わらへんで!
(参考:Appleのweb page)
f:id:nohako:20160322084728j:image

ファッ?

iPad Pro
ペンで書けるよ!スペックこんな感じね!
f:id:nohako:20160322084826j:image

ファッ??

そして、期待していたMacBookに関しては無く…終わりました…

リークされていた内容を公式発表しただけですよね…orz

とりあえずiPhone5 32GBで現在容量危機を常に感じているので、人柱になろうと思います。

きたあず第10回を開催してきました

3月5日(土)に、第10回JAZUG札幌支部(きたあず)勉強会を開催しました。

Azureの日本リージョンと共に立ち上げたので、丁度2周年となります。

 

jazugsapporo.doorkeeper.jp

 

2周年かぁ...

1周年の時、特に<del>忘れてた</del>何もしなかった気がするのでちゃんとお祝いできて良かった!

 

今回はPaaSがメインの会となりました。それと、一番大きい点は

SendGridさんと福岡支部(ふくあず)との

ダブルコラボ開催!

(/・ω・)/わーい(/・ω・)/わーい

 

各登壇者、次の方へのフラグを立て、その伏線を回収していくというコナンくんもびっくりな仕掛けにしてみたりたり。

そうする事によって、ストーリー性が生まれて、参加者の方も飽きないかな?と思ったのですが、どうだったかな?

 

勉強会って、「参加した!」だけで満足して、せっかく会場にいるのに仕事してる方やゲームしてる方など、

「聞いてないじゃん」

な方も、やはり一定数いるのが実情だと思います。

参加する事に意義がある、よりももっとせっかく来たのだから沢山吸収して帰る!にシフトしていって欲しいと思っているのです。

『人を変えたいから、こちら側から仕掛けていく』

人は変えられないけれど、自分は変えられるの応用ですね。

 

ハンズオンだとハードルが上がりすぎてしまうので、参加者が気付かないくらい自然に、もう少し体感型にしていけたらなー。

と、言う事で自分への課題はまず、噛まないで話せるようにならねばです。(もんのすごく根本的な部分がダメというね)

 

今回、珍しく自分がトップバッターでの登壇となりましたが、会場に、PaaSという用語の存在すら知らんよ!という方も居たので、

クラウドプラットホームとは何ぞや、PaaS?IaaS?ちょっとなに言ってるのか分からない」方向けの基礎をお話ししました。

まあね、難しい話は他の登壇者がしてくれますので。

 

自分も最初はイマイチ分からなかった事だったのですが、どこの勉強会に行っても、大体は「知ってる前提」で深い話をされちゃうので、結構苦労したものです。

きっと一定数は、そこで離脱してしまう、それはモッタイナイ。

 

という事で、自分語りをあまりするのもかっこよくないので、今回の振り返りをしていきましょう。

Twitterハッシュタグ

・#jazug

・#きたあず

の、まとめ。

togetter.com

迅速にまとめてくださった @ag0u3 さん、ありがとうございます!

札幌支部秘書のきたあずちゃんも「ふおおぉぉぉぉぉ」と気合が

入っています。

 

=========================

◆良かった点

前回、おやつスポンサーを忘れていたので、ガッツリ募集してみた所、ガッツリおやつが集まり、ありがたい悲鳴でした!感謝!!!

・今回もLTきっちり5分しばり。贅沢なLTが聞けました。(完全にLTレベルじゃない方々によるLT)

・ステッカー、忘れずに配布!JAZUG以外のステッカーも置いてみましたが、結構持ってってもらえたので、次回、「ステッカースポンサー」も募集してみたいな、と思いました。集まるかな...

・Tシャツも今回はちゃんとAzureでした!

・懇親会に残って下さった方とは全員と乾杯できたはず!

 

と、前回の反省点をしっかりクリアしたのでした。ハラショーよ!

 

◆反省点

・会場のプロジェクターの比率を把握していなかった

→いつの間にか4:3じゃ無くなっていたというね。こればっかりは難しい。

HDMIケーブルが無いよ!を登壇者の皆様にお伝えできていなかった

→うん、おぼえた。(自分もあると思っていたので確認不足でした)

 

あれ?あと何かあるかな??思いついたらまた書こう。

 

地方開催でのウィークポイントは、やはり「スピーカー(登壇者)の確保」だと思っています。

なにせ足代が出せないので...

次回はOSC札幌に展示ブース&セミナーでの開催となる予定なので、きたあず陣営で回せると思いますが、その次だなぁ。

ま、どうにかなるか!!←思考する事を諦めた°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

きたあずでお話ししたいよ!という方は、日本国内外どこからでも構いませんので、自分に一声かけてくださいませ。

登壇者特典としまして、きたあずでは毎回、「ご当地ドリンク」をプレゼントしております。

 

クラウドってなに?こわい、ちょっとよくわからない。どんな事に使えるの?プログラマーじゃなきゃ・技術屋じゃなきゃ、どうせ分からないんでしょ?

そんな事は、ありませんyo!

「自分の会社のシステム、最近『くらうど』ってやつに切り替えたらしいけども、それって一体なに???」くらいの好奇心があれば、充分です。

ぜひ、おいでませー!!

 

と、いう事で、きたあずサイトはこちら。Facebookページもあるよ!

kitaazu.azurewebsites.net

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年の、たまごかけごはん

www.adventar.org

 

12月7日の、たまごかけごはん。

明日は@turusuke さん。

 

炊き立てご飯に

f:id:nohako:20151207120454j:image
 

めんみ。たまごかけごはん専用醤油よりおいしいと思われる。


f:id:nohako:20151207120502j:image
 
 
いただきます。
 
f:id:nohako:20151207120515j:image
 
ごちそうさまでした!
 
(えっ、これだけ??)

きたあず第9回を開催してきました

11月28日(土)に、第9回JAZUG札幌支部(きたあず)勉強会を開催しました。

 

jazugsapporo.doorkeeper.jp

 

前回はマシンラーニングをテーマに開催したのですが、今回はよく考えたら、

うん、ごった煮だ!と、当日会場入りしてから気付きました。

まあね、MVPがたくさんいるよ!やったね!豪華だね!という事で勘弁していただきたく思います。

 

元々は、JAZUG学生支部のお腹壊しMVP・がりっちくんに声をかけたのが始まりだったのですが、色々ありまして豪華メンバーが集まり、結果、自分を含め5人登壇、LTも4名?5名?きっと5名。(あやふや)

Twitterされている方は #きたあずハッシュタグ検索してみてください。

 

自分は「Azureかみ砕き第2回、クラウドサービスってなに?」をお話しさせていただいたのですが、スライドは、一般公開できる形にしましたらslideshareに(たぶん)upします。

発表したままだと「雲形パンツを履いたクラウドサービスさんと血反吐を吐く人形とイケメンメガネ男子と壁ドン女子」しかいないので。

その他登壇者の方のスライドは、うん、すでにNo.1氏世界のやまささんがまとめてくださっているのでそちらをご参照ください。

(あー、あとtogetterまとめも作ってないや。。やろうっと。。。)

作ったら色々と追記しまーす。(*'ω'*)

 

=======================

◆良かった点

 ・今回は一番乗りで会場入りしたze!いつもみたくハアハアしながらギリギリじゃない!
 ・LTを5分キッチリにして銅鑼を鳴らしました。(ボイパ)

  →結果、とてもアワアワしたチャックさんが見られました

 ・富良野ビンテージが飲めました!

 

◆反省点

 ・Tシャツが自分だけedgeでした

 ・配ったステッカーのメインがO365でした

 ・会場を見渡せ無かったです。初めていらっしゃってくださった方ともお話ししたかったなぁ。

 ・おやつスポンサー募集を忘れてました!何も無かったね☆

 

そーんな反省点を生かしつつ、次回第10回は2016年3月頃開催予定です。

初参加の方も、毎回来てるよー!の方も、コワクナイのでお気軽に声かけてくださいまし!!(そんな私はアワアワしています/////)

 

きたあずサイトはこちら

kitaazu.azurewebsites.net

 

地方にスピーカーを呼ぶ、という事は(足代が出せないので)なかなかに難しい所ではありますが、次回でなんと10回目です。

With our heartfelt gratitude. & Let me express my heartfelt appreciation to all of the staff !!

<(_ _)>

 

 

 

2015年11月に読んだ本まとめ

11月後半ですが、一気に読んだのでまとめておこうと思います。

ずっと読んでるものの続きもあったりするので、まあ、気になる方は1巻から

読んでみてください。

 

 

僕らはみんな河合荘 宮原るり
少年画報社 YKコミックス

 

 あーーーーーーーーーーーもう!律ちゃんが可愛すぎてもだえる!!!!!

こちらは、アニメ化もされているのでご存知の方もいるかと思いますが、漫画、本当おすすめです。

今回の明言は、

「あんなバカなウザイ会話しといて 結局進展なしって何なの?カブトガニの仲間なの?」

律っちゃん先輩の寝ているうさくんに対しての壁ドン、からの寝たふりうさくんの悶絶からの、麻弓さんの禍々しい「こっちの台詞だ」に大爆笑!

とどめに、中学卒業文集での「<夢>平凡で、心安らぐ日々を送りたい・・・世界が・・・許してくれる、なら・・・」

 

これは、流行語狙えます(*‘∀‘)wwwwwwwwww

 

では、続きを。

 

亜人(デミ)ちゃんは語りたい ペトス
講談社 ヤンマガKC

 

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 デミちゃんたちはかわいいです。でも一番かわいいのはサキュバスの先生(

構成がしっかりしているので読みごたえアリ。



パパと親父のウチご飯 豊田悠
新潮社 BUNCH COMICS

 

パパと親父のウチご飯 1 (BUNCH COMICS)

パパと親父のウチご飯 1 (BUNCH COMICS)

 

 それぞれ「ワケあり」シングルファーザーがお互いの子供も連れての、「子連れルームシェア」なお話しです。絵柄は若干好みありだと思いますが、こんなに愛情溢れたパパ達に育てられる子供たちは幸せ者です!野菜食べない!ぎゃー!!のくだりは、分かる分かる!!



ねじの人々 若木民喜
小学館 裏少年サンデーコミックス

 

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

ねじの人々 1 (裏少年サンデーコミックス)

 

 自分の認識では「神のみ」でヒットしたと思われる若木民喜さんの哲学な作品です。正直、むっずかしいです。ゆっくり読まないとアタマこんがらがります。が、旧作から最新作までのキャラが出るのでmeta要素もありますが、哲学好きにはオススメ!



がっこうぐらし! 作画:千葉サドル 原作:海法紀光(ニトロプラス) 芳文社 MANGA TIME KR COMICS

 

がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

 

 5巻で高校を卒業し、大学編突入ですね。(正確には高校が壊滅状態になったので生存している人が集まっている可能性がある大学へと向かってみる「卒業旅行」ですがw)

相変わらず、めぐねぇの存在感は大きい。そして、みーくんが頼もしい!



コミンカビヨリ 高須賀由枝
講談社 KC-Kiss

 

コミンカビヨリ(4) (KC KISS)

コミンカビヨリ(4) (KC KISS)

 

 続きが読めてなかったのでようやく。

相変わらず民子が好きなキラキラ天然イケメンに、ライバルが現れ、とても面白い展開になってきました!(ただし、本人は気づいていない)時巻が来冬って・・・はやく読みたいいいいい!



37.5℃の涙 椎名チカ
小学館 フラワーコミックス

 

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

 

 「家庭の事情には突っ込んではいけない」。。でも、難しいですよね。ほぼ利用者は片親。共働きでも子供をみてくれないパートナー。保育園からの電話に対して冷たい会社の対応。

日本って、本当にとことん後進国ですよね。このまま少子化で滅ぶ前に日本から出よう・・



コウノドリ 鈴ノ木ユウ
講談社 モーニングKC

 

コウノドリ(12) (モーニング KC)

コウノドリ(12) (モーニング KC)

 

 これは前回の記事をご参照ください。まるっと語っています。


ジミコイ 遠山えま
講談社 KC なかよし

 

ジミコイ (講談社コミックスなかよし)

ジミコイ (講談社コミックスなかよし)

 

 まず、個人的に遠山えま先生の絵が好きです!

kindleでは1話ずつ販売されてるっぽい?ですが単行本だと4話の読み切りが入っています。眼鏡っこ最高!!!!短編集もたまには良いですね!まとめ方うまいなぁ。

 

=====================-

以上、11月に読んだ漫画でした!

白金のニーナ新刊や、いぶり暮らしの新刊も買わなきゃなぁ。。

漫画「コウノドリ」を1~10巻一気読みしたので感想を書いてみる

11月は狂ったように仕事をしていました。

文字通り「狂って」いましたよ、完全に視野が狭くなりまくって毎日ヘトヘトでした。

 

そんな非人間的生活と決別できた反動で、読書しまくりです。(とは言っても主にTSUTAYAでレンタルですが)(主に漫画ですが)

何を読んだかの一覧は後程別記事にUPしますが、今回はその中でも特にズシっときた

コウノドリ」を1~10巻一気読みしたので読書感想文を書こうかと思います。

 

 

 現時点で12巻まで出てるみたいですが、TSUTAYAには10巻までしか置かれていなかった為、宝くじが当たったら大人買いしようと思っています。

レンタルだと作者さんにはあまり還元されないのかな?申し訳ないっす。

 

さて、感想の前にひとつ言いたい事があります。

 

「お産する事は、命がけです。しかも一人ひとり、何人産んでても毎回違います。」

 

結構、当たり前に子供が出来る、当たり前に育つ、当たり前に産む、当たり前に周りがサポートしてくれて仕事にも復帰!幸せな家族計画♪

 

なーーーーんて、夢か妄想かに捕らわれている方は、島国思考なのか知りませんがとても多いですよね。

 

コウノドリ8巻でも出てきましたが、例えば「マタニティーマーク」。

席を譲ってほしくてわざと付けてる人もいるかも知れませんが、あれは、例えば交通事故に巻き込まれた・例えば急な発作で倒れた・例えば予期せぬ事態が起こった時。自分が状況説明できない場合に「妊婦」であると知らせる為の大切な「目印」です。

他にも「車に赤ちゃんが乗ってますマーク」や「赤字に白十字架のヘルプマーク」などもそうですね。赤ちゃん自慢でも、病気アピールでもありません。

万が一何かあった時の為」のマークです。

 

同じく、コウノドリ9巻で出てきたAED自動体外式除細動器)も同じです。

最近、街や駅、ビルや学校などに普通に置いてあるのが良く目に付くようになりました。まるで消火器みたいです。

使わないに越したことはないものですが、問題です。

Q:いざ目の前で人が倒れたら?

一番多い答えは、「救急車を呼ぶ」であってほしいですが、実際声をかける人は1人か2人、あとは動画を撮ったり写真を撮ってSNSにUPする人がほとんどですよね?

 

目の前で人が死にそうなのに。

 

AEDはとても頭の良い子なので、音声で指示された通りにするだけで、命が救える可能性がグッと上がります。誰でも使えます、資格も要りません。その為に設置されているものなので躊躇いなく使用してください。

 

=================

 

さて、話がそれましたね。本題。

 

近年、妊娠検査薬の精度がとても上がっているらしいので、ものっすごい初期の状態でも妊娠の可否が分かるそうです。(自分は使う機会が無いので(´;ω;`)ウゥゥ)

 

まじうれしーい!ひゃっふー!みんなに言わなきゃ!

うえー・・・まじか。どうしよう。

 

反応は人それぞれだと思いますが、ここでコウノドリ1巻を読んでみましょう。

出産は病気ではない、だから患者もその家族も安全だと思い込んでいる。100%安全なんてありえない。

それが、出産。

 

 

冒頭にも書きましたが、一人ひとり・何人産んでも毎回違うのがお産です。

妊娠のごくごく初期の段階での流産は、細胞分裂がうまく行かなかった・着床がうまく出来なかったなど、胎児側の判断で流れてしまうのが主な原因とされています。

自分は医師ではないので、読み漁った知識と経験でしかモノを言えませんが、初期流産をしてしまった子は大抵、自分を責めまくって相談してきます。

風邪薬を飲んでしまったからだ、とか

仕事をしすぎたからだ、とか

とにかく理由をつけて自分を責める事によって、からっぽになってしまったおなかの中を嘆きます。

そうなると次は「早く次の妊娠をして、今度こそ流れてしまった子を産んであげなきゃ」という思考でいっぱいになり、基礎体温をつけ、葉酸を取り、タイミング法などあちこちに散らばっている「情報」を頼りに焦って妊娠しようとします。

 

ちょっと、落ち着こうか。

 

また、何回も流産を繰り返してしまっている子は旦那さんに「お前に問題があるから子供が出来ない」と言われ、つらいです…。と相談してきます。

 

ちょっと、待って。

 

「うちの嫁はつわりが全く無いので、出産まで余裕で仕事するって言ってますよ」と笑顔で報告してきた3日後に奥様が大量出血。全部出てきてしまったケースにも遭遇した事があります。

 

コウノドリ」に描かれている事って、実はストーリー性を持たせる為に特殊事例ばかりを取り上げている訳ではない所がリアルなんです。

 誰にでも起こりうる事。ノンフィクションなんですよね(゜-゜)

 

自分はたまたま兄弟が多いので幼少から子育てをする機会が多かったのですが、近年、自分が産むまで子育てをした事が無い人の方が大半だと思います。

 

わからないことは、ケータイで調べればいいや。雑誌読めばいいや。

○週までにはつわりが収まるって書いてある。○週には胎動が。安定期からはマタニティスイミングが、ウォーキングが、ヨガが。 ギリギリまで働いて、正産期に入ったら産休を取って、産んで2か月したら復帰して・・・

 

そんな、教科書通りにマタニティライフを過ごせる人って、一体何割なんでしょうね。

 

産前・産後共に何もかもに協力的なパートナーって、どのくらいの割合になるのかな。

 

男だから何も出来る事はない。

男は金を稼いでナンボ。

立ち合いした俺、偉い。なんてイクメンなんだろう?(ドヤァァ

 

なーんて思ってる男性は圧倒的に多いんじゃないでしょうか?実際、育休を取らせてくれる会社も少ないですし。

 

経産婦(出産経験のある妊婦さん)の場合は尚更、パートナーの対応を「粗末」にしていませんか?ましてや、「妊娠を理由にヤらせてくれないからヨソで」とか考えるヤカラは、タイにでも行って切ってくる程度では済まされない程度にギルティです。10回くらい吊ってももう、あなたの信頼度は地下深くに潜っていると思っても良いでしょう。

※ただし個人差あり

 

妊娠は、約40週かかります。出産予定日は40週0日の事ですが、あくまでも目安です。

早すぎると早産、遅すぎると胎盤の機能が低下するので陣痛を誘発させる薬や、バルーンと言われる風船を入れ、子宮口を開かせたり、その刺激で陣痛が来てくれないかな?と色々と試します。

 産んだあとも、赤ちゃんに黄疸が強く出てしまえば一緒に退院できません。

1歳までは乳幼児突然死症候群SIDS)の心配もあったり。

 

 

コウノドリ(12) (モーニング KC)

コウノドリ(12) (モーニング KC)

 

 

鴻鳥先生や四宮先生の言う事も判断も、産んだことが無い人や男性には少し冷たく聞こえる部分が多々あるとは思いますが、とてもリアリティがあるし、医師として冷静に適切な判断をしているので、医療関係者の方の感想が転がってないかなーと書き終わったら探してみようと思っています。

 

安定期早々切迫早産で入院して、点滴カラカラしながらお手洗いとシャワー以外ベッドから動いちゃいけない生活。正産期まで張り止めを飲み続け、スイミングやヨガどころじゃなく、貧血がひどすぎてろくに動けず、血液型不適合の可能性もあるのでってNICU(新生児集中治療室のある大きな病院以外では産めず、

産んだ瞬間に臍帯血で血液型検査と、万が一の場合に備えて小児科医も付き添いで臨まないと産めない人も実際いるんです。産み終わってヘロヘロな中、いたーい筋肉注射を受けないといけない妊婦さんも居るんですよ('ω')ノ←

 

むしろ、何事もなく無事にお産できた方は、それを当たり前だと思わずに、「あたりまえの奇跡」に感謝しなくちゃですね!

 

とまあ、お産も十人十色ですけども、その後、最低でも大学卒業までは「子育て」が待っているんですけどもね・・・

 

という訳で次回は「37.5℃の涙」のお話しでも書こうかな。

 

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

 

 

子供に関心の無い女性や、全男性が、こういった漫画を読んでちょっとでも良いので知識を付け、未来の子供たちにとって、優しい社会になりますように。。

ベビーカーむかつくとか言ってる人たちは、体験してみたら良いと思いますよ^^

 

おまけ:ドラマ版は、全然観れてないのですが、星野源さんの眼鏡白衣がたまりませんねほんとうにありがとうございます(*^p^*)