のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

3月4日は、ななめくん記念日。(そんな記念日今後覚えていないだろうけれど)

本日、長らくわたくしの口内にて飲食を共にしてきました

右下8番。いわゆる「親知らず」を抜いてきました。

 

この方、斜めにぴょこっと生えておりまして、

7番の歯との間に米粒1コ分のデッドスペースがあり、

食べるとかーなーらーず何かしらが入ってしまうという。

憎らしいけど別に悪い子じゃないんだよなコイツ…的な

小悪魔ちゃんポジションをキープしてまいりました。

歯だけはなぜかすべて矯正もせずまっすぐ生え揃った自分にとって、

唯一ひねくれたヤツ。

少女漫画でしたらきっと恋に落ちるパターンでしょうが

そんな展開にはさすがになりません。

 

ついに抜くという選択をするキッカケになったのは、

この方の噛み合わせ対象になる右上8番。

まあ、この方も親知らずな訳でして。

下の方が斜めっていたせいで、まっすぐ生えていたこの方は頬の肉を噛んでしまう。

炎症を起こしてちょいちょい痛くなってしまう歯だったのです。

 

歯って、ピークを過ぎると痛みの波って引くじゃないですか。

いつも通りそれでやり過ごそうと思っていたのですが、

いい加減、このイタチゴッゴに終止符を打つか…と重い腰をあげて

歯医者に行ったのが終わりの始まりでした。

 

右上8番さんが痛くて歯医者に行く事になりましたが、やはりラスボスは

右下8番のななめさん。

 

まずは、右上を抜いて、麻酔の効き方や出血量・治り具合を見る事になりました。

 

根っこがとても立派だったそうですが、ポンッと抜けました。

まあ、顎の骨は削ったそうですが。

ただ、元々自分、「麻酔が効きにくいくせに切れるのが早い」のもあり、

会計待ちのイスに座っている段階でもう無理!!\(^o^)/というくらい痛くなり

診察室に逆戻り、痛み止めをしてもらいその場で薬を飲み、どうにか解放。

へろへろになりながら帰宅致しました。

 

==回想終了==

 

さて、いよいよラスボス、右下8番のななめくんです。

結果としましては、

・術時間:1時間40分

・麻酔:最初に3回、途中追加で4回の計7回

・傷口:数えてた分で恐らく5針

・診察台を降りる前に:クラビット×1・ロキソニン×2 服用

 

途中、「ま、まだ我慢できる?(すでに涙目)でき…いや、無理!」と

迅速な判断をし、かーなーり痛い時点で素早く伝え麻酔を追加して頂き、

どうにか無事、ななめくんとお別れする事ができました。

いままでありがとう、君のことは忘れないよ。

抜くに当たって、切ったり砕いたりは覚悟していたのですが、どうやら

珍しい歯だったそうで、

「根っこが綺麗に2つに分かれてる見本のように綺麗な歯だったんだけど、

その頑丈な根からさらに根が生えてて顎にがっちりくっついていたから、

全部を取るのが想像してた以上に大変だったよー。これは珍しい。」

とお医者様から言われました。

 

 

そして現在。

「すっごく腫れるけれど必ず治りますから安心してくださいね!」と

言われておりましたが、ものの見事に腫れております。

「腫れるけど、冷えピタは絶対にだめですよ!!」と言われてますので

何もできず。

まだ血ぃだばだばなので口も開けず。喋れず。

先ほどかかって来た電話にも「んーんー」としか言えず。笑

 

著者近影でございます。

 

f:id:nohako:20130304151402p:plain

 

抜糸までは、流動食で生きていこうとおもいます。

以上、抜歯の記録でございました。

もうこれで歯を抜く事は一生ないハズ!!!!