のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

【HTMLとCSSの基礎の基礎講座】その4:見出しについて

4日目です。

本日からは、基礎的なタグについて触れていきたいと思います。

 

【見出しタグ】h1~h6

h1が大見出し、h6が小見出しとなります。

また、h1はサイト全体の総合的な主題(もくじ)にもなります。

webサイトは何の為にあるのか?

何かしらの目的があるから、そこにあるのです。例えば、商品を販売したり、

新商品の告知だったり、何かの窓口だったりetc…目当ては人それぞれ。

だけど見つけてもらわなきゃ、せっかく作ったwebサイトの意味がありませんよね。

検索をかける時のクローラーは、htmlを読みます。

その際にh1で囲われている文字を見つけたら、

「ほう、ここのサイトはこういうことが言いたいのか」と見つけてくれやすくなりますので、

絶対では決してないのですが、なるべくでしたらh1はサイト中1つにとどめておきましょう。

なお、1~6は順番に使います。1→5→2というようにはなりません。

 

ちょっと大きさを見てみましょうか?

img1

 

大きさ、だいぶ変わりますね。但しこれはあくまでhtmlだけの話ですので、

後々お話するCSSというものをいじる事によって、文字のサイズは変更できます。

今は、各ブラウザが標準搭載しているフォントサイズです。

それでは、どうやったらこれが表示されるのか、htmlを見てみましょう。

 

img2

 

このように、<h1>と、とじタグ</h1>の間に書いた文字にそのタグの効果が発揮されます。

これは、基本中の基本ですので覚えておきましょう。