のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

シェアについてちょっとした考察

f:id:nohako:20140512112545j:plain

最近、モノをシェアする事が増えましたよね。

所有権をシェアする。

家だったり本だったりCDだったり掃除機具やキッチン、車やらなんやら。ひと昔前だったら個人が各々所有していたものが「シェアする」というかたちに変わってきています。

 

あとちょこっと耳にするのが「ビットコインのシェア」。これに関しては自分は詳しくないのでなんとも言えませんが。

 

自分は良く「家」をシェアしたりさせてもらったりします。家のシェアって案外慣れると良いことが沢山あるんです。

  • ただいま、おかえりがある
  • DVD等を見ていても「人の気配」がするのでどこか安心する
  • ご飯を作りすぎてしまっても食べきれる
  • 長期になる場合、家賃や光熱費の折半や一部割り勘ができるので経済的にもやさしい

と、書き連ねてみるとただの寂しい人になってしまうような気もしますが、実家から出たことの無い方にはわからない、一人暮らしの快適さと寂しさ。家をシェアすることによってそのへんが解消されると思うのですよ。

シェアオフィスに関しても近いものがありますよね。フリーランサーが日本でもぼちぼち増え始めてきましたが、一人でオフィスを借りるまでもない、けれどミーティングでしたり作業中のちょっとした交流などもできる。お腹がすいたら美味しいごはんを食べれて、余計に仕事に集中できるなんて最高じゃないですか。

カーシェアも必要な時のみ時間制で利用できるので、毎月の駐車場代や車検の煩わしさもない。とても合理的だと思います。

 

昔からある本やCD、ゲーム等の「借りっこ・貸しっこ」がシェアの元になっていると思いますが、これから益々、色々なもののシェアは増えて行くのではないでしょうか?

 

広告を非表示にする