のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

お祈りメールにお祈りメールを返したお話

お前はなにをいっているんだ。アイキャッチ画像すら無く!

とお思いかも知れませんがそんな事は知りません。今回はなかなか体験する事が無いと思う事を体験しましたのでそれの覚書です。

(お前、他に書くことめっちゃ溜まっているだろうという話も無きにしもあらず)

 

事の起こりは、とある転職サイト。

最近は沢山ありますよね、自分もオファーメールがやたら来ます。転職しろって事なのか少し考えてしまいます。(基本的にはジョブホッパー体質)

 

「たまには、覗いてみるかー」と久しぶりに覗いてみたとある転職サイトをちらちら見ていると、なんだか面白そうなことをやってらっしゃるベンチャー企業さんを発見。

別にjoinする気は無いけども、会社見学と、どんな気持ちで運営されているのかが気になったので「お話をきいてみたい」をぽちっとしてみました所、レスポンス早く日程等の調整を行って下さいました。

うん、なかなか好印象です。

(ちなみにこちらの転職サイトで一回面接までやった事があるのですが、その企業さん、人の個人情報を持っていっただけでその後連絡が途絶えたのでしばらく敬遠していました。ゆるさない・・・)

 

話が逸れましたが、いざ会社見学当日。

一時間ほど、というお話でしたがなぜだか長時間お話をする時間をいただき、専門的なお話から、会社のなりたち、これからどうなりたいのか?まで詳しく聞く事ができ、とても満足して、最後にお礼を言い帰宅しました。

 

後日。

人事の担当の方(?)からメールが。

「見学ありがとうね!興味あったら応募してね!」

という内容かと思い開けてみると

 

「社内で慎重に検討させていただいた結果、誠に残念ですが今回はお見送りさせていただきます。今後のご活躍をお祈り致します。」

 

・・・はい?

 

あの、自分、面接を受けた覚えも無ければ、履歴書も職務経歴書ポートフォリオも出していませんが。

むしろ、「ここで働かせてください!!!!」と名前を取られるほど懇願した覚えもありません。

なにを言われているのかわからないと思うが、俺にも分からないんだ…

という状態でした。

たとえるならば、告白していないのに突然「ごめんなさい!あなたとはやっぱり付き合えません!!」

と言われたのと同じです。イミワカンナイヨ(;・∀・)

 

と。普通なら何言ってんだこいつ的案件な訳ですからスルーする方が大多数かと思うのですが、これ、誰かが言ってあげないと絶対同じことを繰り返すわと思い、

 

お祈りメールにお祈りメールを返信しました。

 

うん、なに言ってるのかわからないね^^

「ほげほげ会社●●様

先日はなんたらかんたら(挨拶文)

ただ、当方、応募も面接もしておりませんのに、お祈りメールをいただきましても、正直対応に困ります。

~中略~

御社とのご縁はありませんでしたが、今後、他の方に対しては、見学された方全てが応募者ではない事を念頭に置き、もう少し違う対応をされるべきかと思いまして、少々お節介な事ではありますが御社の為にも返信させていただきました。

最後に、御社のますますのご活躍をお祈り致します。」

※内容は若干変えております

 

最近は、社会人経験が少ない・もしくは全くない方が起業するケースも増えています。

会社を立ち上げた事により、見えなくなることも沢山あると思います。

数字を増やしたい、売上を上げたい、上場したい、知名度を。などなど、思惑も沢山あるとは思います。が!

対 人間で仕事はするものです。そこは見失っては絶対いけない所です。

 

会社を立ち上げたら自分がルールだ!神だ!とならず、もう少し周りを見渡しましょうね☆というお話でした。

 

後日談として。

「ご興味度合いを加味せず、一方的なご連絡をさしあげてしまい、大変不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。いただいたご意見をもとに今後は改善して参ります。ご丁寧にご連絡いただきましたことを、心より感謝申し上げます」

という丁寧なお返事がきましたので、やはり、知らないだけなんだなと思うと共に、良い会社だなと思いましたので、これからサービスが拡大すると良いですね!

 

自分とはご縁はありませんでしたけどね!!!

(面白そうと、joinしたいかは別問題だと思うんですよ)