のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

漫画「コウノドリ」を1~10巻一気読みしたので感想を書いてみる

11月は狂ったように仕事をしていました。

文字通り「狂って」いましたよ、完全に視野が狭くなりまくって毎日ヘトヘトでした。

 

そんな非人間的生活と決別できた反動で、読書しまくりです。(とは言っても主にTSUTAYAでレンタルですが)(主に漫画ですが)

何を読んだかの一覧は後程別記事にUPしますが、今回はその中でも特にズシっときた

コウノドリ」を1~10巻一気読みしたので読書感想文を書こうかと思います。

 

 

 現時点で12巻まで出てるみたいですが、TSUTAYAには10巻までしか置かれていなかった為、宝くじが当たったら大人買いしようと思っています。

レンタルだと作者さんにはあまり還元されないのかな?申し訳ないっす。

 

さて、感想の前にひとつ言いたい事があります。

 

「お産する事は、命がけです。しかも一人ひとり、何人産んでても毎回違います。」

 

結構、当たり前に子供が出来る、当たり前に育つ、当たり前に産む、当たり前に周りがサポートしてくれて仕事にも復帰!幸せな家族計画♪

 

なーーーーんて、夢か妄想かに捕らわれている方は、島国思考なのか知りませんがとても多いですよね。

 

コウノドリ8巻でも出てきましたが、例えば「マタニティーマーク」。

席を譲ってほしくてわざと付けてる人もいるかも知れませんが、あれは、例えば交通事故に巻き込まれた・例えば急な発作で倒れた・例えば予期せぬ事態が起こった時。自分が状況説明できない場合に「妊婦」であると知らせる為の大切な「目印」です。

他にも「車に赤ちゃんが乗ってますマーク」や「赤字に白十字架のヘルプマーク」などもそうですね。赤ちゃん自慢でも、病気アピールでもありません。

万が一何かあった時の為」のマークです。

 

同じく、コウノドリ9巻で出てきたAED自動体外式除細動器)も同じです。

最近、街や駅、ビルや学校などに普通に置いてあるのが良く目に付くようになりました。まるで消火器みたいです。

使わないに越したことはないものですが、問題です。

Q:いざ目の前で人が倒れたら?

一番多い答えは、「救急車を呼ぶ」であってほしいですが、実際声をかける人は1人か2人、あとは動画を撮ったり写真を撮ってSNSにUPする人がほとんどですよね?

 

目の前で人が死にそうなのに。

 

AEDはとても頭の良い子なので、音声で指示された通りにするだけで、命が救える可能性がグッと上がります。誰でも使えます、資格も要りません。その為に設置されているものなので躊躇いなく使用してください。

 

=================

 

さて、話がそれましたね。本題。

 

近年、妊娠検査薬の精度がとても上がっているらしいので、ものっすごい初期の状態でも妊娠の可否が分かるそうです。(自分は使う機会が無いので(´;ω;`)ウゥゥ)

 

まじうれしーい!ひゃっふー!みんなに言わなきゃ!

うえー・・・まじか。どうしよう。

 

反応は人それぞれだと思いますが、ここでコウノドリ1巻を読んでみましょう。

出産は病気ではない、だから患者もその家族も安全だと思い込んでいる。100%安全なんてありえない。

それが、出産。

 

 

冒頭にも書きましたが、一人ひとり・何人産んでも毎回違うのがお産です。

妊娠のごくごく初期の段階での流産は、細胞分裂がうまく行かなかった・着床がうまく出来なかったなど、胎児側の判断で流れてしまうのが主な原因とされています。

自分は医師ではないので、読み漁った知識と経験でしかモノを言えませんが、初期流産をしてしまった子は大抵、自分を責めまくって相談してきます。

風邪薬を飲んでしまったからだ、とか

仕事をしすぎたからだ、とか

とにかく理由をつけて自分を責める事によって、からっぽになってしまったおなかの中を嘆きます。

そうなると次は「早く次の妊娠をして、今度こそ流れてしまった子を産んであげなきゃ」という思考でいっぱいになり、基礎体温をつけ、葉酸を取り、タイミング法などあちこちに散らばっている「情報」を頼りに焦って妊娠しようとします。

 

ちょっと、落ち着こうか。

 

また、何回も流産を繰り返してしまっている子は旦那さんに「お前に問題があるから子供が出来ない」と言われ、つらいです…。と相談してきます。

 

ちょっと、待って。

 

「うちの嫁はつわりが全く無いので、出産まで余裕で仕事するって言ってますよ」と笑顔で報告してきた3日後に奥様が大量出血。全部出てきてしまったケースにも遭遇した事があります。

 

コウノドリ」に描かれている事って、実はストーリー性を持たせる為に特殊事例ばかりを取り上げている訳ではない所がリアルなんです。

 誰にでも起こりうる事。ノンフィクションなんですよね(゜-゜)

 

自分はたまたま兄弟が多いので幼少から子育てをする機会が多かったのですが、近年、自分が産むまで子育てをした事が無い人の方が大半だと思います。

 

わからないことは、ケータイで調べればいいや。雑誌読めばいいや。

○週までにはつわりが収まるって書いてある。○週には胎動が。安定期からはマタニティスイミングが、ウォーキングが、ヨガが。 ギリギリまで働いて、正産期に入ったら産休を取って、産んで2か月したら復帰して・・・

 

そんな、教科書通りにマタニティライフを過ごせる人って、一体何割なんでしょうね。

 

産前・産後共に何もかもに協力的なパートナーって、どのくらいの割合になるのかな。

 

男だから何も出来る事はない。

男は金を稼いでナンボ。

立ち合いした俺、偉い。なんてイクメンなんだろう?(ドヤァァ

 

なーんて思ってる男性は圧倒的に多いんじゃないでしょうか?実際、育休を取らせてくれる会社も少ないですし。

 

経産婦(出産経験のある妊婦さん)の場合は尚更、パートナーの対応を「粗末」にしていませんか?ましてや、「妊娠を理由にヤらせてくれないからヨソで」とか考えるヤカラは、タイにでも行って切ってくる程度では済まされない程度にギルティです。10回くらい吊ってももう、あなたの信頼度は地下深くに潜っていると思っても良いでしょう。

※ただし個人差あり

 

妊娠は、約40週かかります。出産予定日は40週0日の事ですが、あくまでも目安です。

早すぎると早産、遅すぎると胎盤の機能が低下するので陣痛を誘発させる薬や、バルーンと言われる風船を入れ、子宮口を開かせたり、その刺激で陣痛が来てくれないかな?と色々と試します。

 産んだあとも、赤ちゃんに黄疸が強く出てしまえば一緒に退院できません。

1歳までは乳幼児突然死症候群SIDS)の心配もあったり。

 

 

コウノドリ(12) (モーニング KC)

コウノドリ(12) (モーニング KC)

 

 

鴻鳥先生や四宮先生の言う事も判断も、産んだことが無い人や男性には少し冷たく聞こえる部分が多々あるとは思いますが、とてもリアリティがあるし、医師として冷静に適切な判断をしているので、医療関係者の方の感想が転がってないかなーと書き終わったら探してみようと思っています。

 

安定期早々切迫早産で入院して、点滴カラカラしながらお手洗いとシャワー以外ベッドから動いちゃいけない生活。正産期まで張り止めを飲み続け、スイミングやヨガどころじゃなく、貧血がひどすぎてろくに動けず、血液型不適合の可能性もあるのでってNICU(新生児集中治療室のある大きな病院以外では産めず、

産んだ瞬間に臍帯血で血液型検査と、万が一の場合に備えて小児科医も付き添いで臨まないと産めない人も実際いるんです。産み終わってヘロヘロな中、いたーい筋肉注射を受けないといけない妊婦さんも居るんですよ('ω')ノ←

 

むしろ、何事もなく無事にお産できた方は、それを当たり前だと思わずに、「あたりまえの奇跡」に感謝しなくちゃですね!

 

とまあ、お産も十人十色ですけども、その後、最低でも大学卒業までは「子育て」が待っているんですけどもね・・・

 

という訳で次回は「37.5℃の涙」のお話しでも書こうかな。

 

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

37.5℃の涙 1 (フラワーコミックス)

 

 

子供に関心の無い女性や、全男性が、こういった漫画を読んでちょっとでも良いので知識を付け、未来の子供たちにとって、優しい社会になりますように。。

ベビーカーむかつくとか言ってる人たちは、体験してみたら良いと思いますよ^^

 

おまけ:ドラマ版は、全然観れてないのですが、星野源さんの眼鏡白衣がたまりませんねほんとうにありがとうございます(*^p^*)