のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

アンガーマネジメントを実践しないとやばいというお話

生後半年を過ぎて、「やりたいこと」が溢れてきたお嬢。

いままで大して泣かない子だったので「何しても泣き止まない?へーへー」「夜泣き?なにそれおいしいの?」と、子育て情報なんぞ万人には当てはまらないもんだとタカをくくっていました。

今なら言える。

泣きますね、何してもどうしてもギャン泣きしますね、泣きやみませんね、本当に申し訳ありませんでした(土下座)

ついには抱っこしながらイライラするし泣けてくるしな自分に気付き、こりゃあ…どうにかせねばと思った次第です。

地域担当の保健師さんに相談の電話でもしてみるか?とも思いますが、恐らく年間腐る程受けている相談なんだろうなぁ。

このままでは自我が崩壊してしまいそうなので、「アンガーマネジメント」を実践してみようと思います。

※赤ちゃんを泣き止ませる方法じゃなくて、赤ちゃんの泣き声でイライラしたり、それを超えて泣きたくなったりな自分へ行うことなのでお間違えなく。

 

アンガーマネジメント - Wikipedia

アンガーマネジメント(Anger management)とは、怒りを予防し制御するための心理療法プログラムであり、怒りを上手く分散させることができると評価されている。

「アンガーマネジメント」を検索しようとすると、「子育て」がサジェストされるので、すでに結構使われているらしい。

まず、大前提な条件としては、

・空腹ではない

・オムツも綺麗

・眠くても眠くなくても

・暑い寒いもクリア済

と、生理現象などはほぼ解決している状況下での部分ですので悪しからず。

 

1:イライラする前に5〜10秒ほど深呼吸してみる

この時、無理に「自分が笑顔にならなきゃ」など余計なことは考えず、無になる。5〜10秒ほどで、人間の感情って落ち着くんだそうです。

ただし、「熱いものをひっくり返す」「階段から落ちそうになる」「電源プラグを根本から舐めにいく」など、死や大怪我に直結する事に関しては、一呼吸置いてる場合じゃないので素早く対応してください。

 

2:自分のイライラが落ち着いてから、なんでギャン泣きしているのか見渡す

脳を突き刺すギャン泣き声を聞かされ続けていると、どこか痛いの?何が悪いの?近所からクレームが来ないか?虐待とかしてないもんなんなのもうどうして泣くのおお(´;ω;`)ブワッ と、自己防衛力が働いてしまいますが、5〜10秒ほど無の世界に旅立ってから見てみると、「テーブルの上にあるリモコンが気になるけど取れない」だとか、「あと10センチで届くティッシュの箱に手が届かない」などでギャン泣きしている事が結構ありました。そんな時は、達成できるまでムービーでも取りながら応援してあげています。達成できた時の笑顔、やべぇな天使か。

さて、一番の問題は、そういった理由も無いのにギャン泣きが止まらない時です。

むしろ、これが一番増えました。自我の芽生えなのかな?もう、諦めます。泣きたい気分なのね、哺乳瓶すら洗わせてくれないのね、お手洗い行きたいんですけど…ダメですかそうですか、お腹すいたのでご飯作りたいのですg…ですよね、確定申告の準備したいのでPC開きたいんでs…そんな事情どうでもいいから抱っこですよね、座るな、立って抱っこ…はい…。

こんな時は、

3:ノートでも紙でもTwitterでもアプリでもなんでもいいので「書いて」「発散」する

どこにもブチまけられない負の感情は蓄積して体内でぐっちゃぐちゃどろどろになります。そして、必ず心身の乱れを引き起こします。

そうなる前に書きなぐって全部出してあげてください。「怒り」や「イライラ」「かなしみ」などを可視化してあげる事によって、だんだんパターンが見えてきます。

 

ひとまずこの3つを実践することによって、別にギャン泣きが止まるわけでは無いですが、自分の気持ちは多少コントロールできるかと思うので、れっつとらいしてみています。(でも、昨晩も泣きましたw)

 

来年の自分が見たらきっと、「なんであん時は泣いてたんだ自分」と読み返して笑えるはず!そう思いながら今日も戦うのです。

 

アンガーマネジメントって、仕事でも生活でも役に立つよね。