のはこごと

モノヅクリノハコの中の人の雑記です

保育園の先生との会話は必要?不要?というお話

4月から、お嬢の保育園が変わりました。
民設民営の保育園から公設公営の保育園へと移ったのですが、夫婦そろってとてもモヤモヤしています。
いままで保育園大好きっこだったお嬢が、そりゃあもう泣きます。泣かれるのは、やはりツライ

保育園のカリキュラムはほぼ変わらないはずなのですがこのモヤモヤの原因は何なのか。ちょっと比較してみようと思います。

0歳児で通っていた民設民営A保育園(以下A保育園)
今年度から通い始めた公設公営B保育園(以下B保育園)

 

入園

A保育園:朝のお支度方法を含め、園のシステムをしっかりレクチャーしてくれました。時々分からない事ややり方を忘れてもしっかりサポート。ありがたし…

B保育園:入園日から完全に放置。朝のお支度方法は0歳児からあがってきた子の、すでに置いてある棚を見ながらなんとなく察しつつ配置していく。こちらから聞いても、3人いる先生すべてがバラバラなことを言うため、ジャンパーの置き場ひとつとっても結局正しい置き場が分かったのは3日目でした

 

朝の子供引き継ぎ

A保育園:軽めの雑談交え、ざっくり伝えてパッと引き渡し

B保育園:無(む)

 

お食事エプロン

A保育園:軽くゆすいでくれていたので、そのまま洗濯機に放り込んでも安全。とても助かりました。先生ほんと神…

B保育園:こぼしたものがエプロンポケットに入りっぱなしなので、帰ってきたらキッチンでよくすすいでから洗濯機に入れないと、うっかりご飯のかたまりや野菜・豆腐なども一緒に洗濯してしまう。あと、味噌汁とかで臭くなっているのでつらい。よく言えば、その日の給食でなにを食べたのか、とても分かりやすい(白目)

 

お迎え

A保育園:帰りのお支度をしている最中もまだ先生が見ててくださるのですんんんんごく助かる。帰りの支度がテキパキできるの凄く良い。その日の様子や、やった事・出来たことなどを教えてくれるし、家庭での少し困っている事や心配事なども言いやすい

B保育園:「おかえりなさ〜い」「さようなら〜」以外の会話は無い。帰りのお支度をしている最中、子供が他の子の棚を荒らしてようが泣き叫んでいようがガン無視。ちょっと伝えておきたい事があって3回くらい声をかけても無視。先生たちは先生同士での井戸端会議がとても忙しそう。大抵他の先生の悪口や清掃のおばあちゃんへの文句を言って笑ってるので聞くたび不快

 

番外編・お昼寝シーツ

A保育園:メッシュになっている簡易お昼寝ベッドが採用されていたので、家庭から持っていくものはバスタオル2枚でした。すんごい楽

B保育園:大判バスタオル2枚、おねしょシーツ1枚、既製品には無い中途半端なサイズの敷布団・掛布団シーツを洗い替え用含め2組手作り(お金も手間もすごくかかって辛かった)

掛布団に関して言えば、ペラくてちょっと汚い毛布につけるものだと発覚し、余計に辛かった…。こんなもんにシーツをつけるくらいなら各家庭から毛布持ってこいのほうがよっぽど安くつくし清潔だわ

 

番外編:言葉遣い

A保育園:いたって普通。むしろこれって「普通」以外の表現方法あるかな?というくらいには普通

B保育園:ちょい上から目線+微妙にタメ口。えっ?
さらに、親も子供もそんな言い方されたら傷つくんですけど、えっ?なんなの?という言い方をよくされるので不愉快 of 不愉快

 

番外園:園長先生

A保育園:月に1回はお教室に来て園での様子をお話してくれていました。多忙なのによくひとりひとりを見ていて凄いなと思っていました。帰りはタイミングがあえば下駄箱付近にいて「さようなら〜!」「また明日ね〜!」と言って、帰っていく子供たちにハイタッチをしていました

B保育園:最後に見たのは、3月の入園前面談なのでデータ不十分。面談以来見かけていないな…

 

番外編:髪ゴム

※お嬢は髪伸ばし中なので後ろでくくっています

A保育園:お着替えなどで取れてしまった際は、ロッカーに入れてくれていたり、編み込みなど高度なぎじゅちゅで結び直してくれていました。自分の髪型を見て「かわいいいいい!!」とお嬢もご機嫌でした

B保育園:すでに3本、髪ゴムを無くされました。そしてそれに関してこちらから聞いてもスルー…

 

この違いって一体なんなんだろう…。
通っている本人も親も、思ってもみなかったストレスを抱えることになるなんて。